飲食店営業許可

飲食店営業許可TOP 飲食店営業許可の手続きについて
飲食店営業許可と事前準備 営業許可の更新・変更
営業許可と資金 保健所の立ち入り検査
集客・販促 その他注意点

許可期限について

飲食店営業許可は一度取得したら永続的に許可が下りるというものではありません。

飲食店営業許可には許可期間というものがあります。許可期間は5年から8年となっています。
その基準は施設の堅牢さや食品を扱う施設として適当であるかになどによって許可期間が変わってきます。
査定の基準項目は12項目ありそのうち何項目該当しているかによって変わってきます。

引き続き営業をしたい場合は許可期間が切れる一ヶ月以内に更新の手続きを取る必要があります。
もちろん更新手続きをしていない場合は無許可営業となり食品衛生法違反ということになってしまいますので注意してください。

許可期間内であったとしても、営業者の自宅住所が変わったり、氏名が変わったり、屋号の変更、施設、設備の変更、食品衛生責任者が変わったりした場合は変更届けの手続きをする必要があります。

他にも合併した場合や相続による営業許可継承などの場合にも飲食店営業許可の変更手続きをする必要がありますので注意してください。

飲食店営業許可の学び場メニュー