飲食店営業許可

飲食店営業許可TOP 飲食店営業許可の手続きについて
飲食店営業許可と事前準備 営業許可の更新・変更
営業許可と資金 保健所の立ち入り検査
集客・販促 その他注意点

営業の為の資金

飲食店を経営したいと言ってもすぐに許可が下りるわけではありません。

保健所の基準に達している店舗施設がいりますし、調理師免許もしくは食品衛生管理者の資格が必要であったりと飲食店営業許可だけでもかなりの書類や資格、講習などを受けなくてはいけません。

飲食店営業の許可が出た段階で営業は開始できるようになるのですが、店舗物件の取得費用、保健所軒順に達している施設改装などでかなりの金額が必要になってきます。
他にも運転資金などが必要になってくるので、資金が心許ないという人は銀行や国民生活金融公庫などで資金の融資を頼んでみるのも手かもしれません。

通常の物件であれば特に改装などの必要がないのですが、飲食店営業の許可を取るための改装となると飲食店の種類にもよりますが、二千万円ぐらいはかかると考えていた方がいいでしょう。

他にもテーブルや椅子なども店のイメージに合わせて購入するでしょうからかなりの金額が必要になってきますので、個人でなく、法人化すると言うことも考えておくといいでしょう

飲食店営業許可の学び場メニュー